• 1-800-123-789
  • info@webriti.com

ホーム

ごあいさつ

中小建設業経営支援センターの小堀たいぞうです。

当支援センターは、あなたの会社の経営改善のこと、事業承継のこと、社長と家族の相続やライフプランのこと、場合によっては廃業についても、一緒に考え伴走いたします。

毎日の仕事に真剣に取り組んでいるあなたにとっては、上記のような大きな課題については、「目の前の仕事以外については、やらなくてはならないことは十分承知しているが、なかなか手を付けられない」のかもしれません。また、一つ一つの課題には色々専門的な問題があり、誰に相談してよいのかよくわからないと思っていらっしゃるのかもしれません。

社長!あなたには社内に参謀はいらっしゃいますか?右腕、左腕はいらっしゃいますか?!本当に信頼できる経営スタッフはいらっしゃいますか?

若い時から建設業でお世話になっていた私にはよくわかります。社長ご自身もご家族の皆さまも、毎日の仕事に追われていて、たとえ奥様が専務、息子さんが常務でいらっしゃっても、社長一人で「経営」をされている様に見えました。「少し将来」を見据えて、この会社をどのように導いていくかを考えて手を打つことができるのは、社長だけです。

身近な方々に相談されているのでしょうか?日本政策金融公庫のデータによると、経営者の皆さまの相談相手は、税理士・公認会計士48.5%、金融機関が30.5%とされています。しかし、「特に相談していない」経営者は31%もいらっしゃり、その中で、「経営課題はある」と回答された方が93.3%の上るようです。

身近な税理士の先生やに相談して、いろいろご指導いただいたものの、専門用語に「わかったふり」をしたばかりに、モヤモヤが解消できないままになったりしませんか?経営者の皆さまが、結果的に孤立したままで、課題を先送りしているような気がしてなりません。

実は、専門家のみな様も、金融機関の皆さまも、業界に詳しく、かつ社長と専門家の間を取り持つ通訳兼雑用係を必要としています。

ここに信頼できる社外幹部、参謀がいます。社長が強く決意して会社の改革に臨むのであれば、いわゆる経営コンサルの先生ではなく、建設業の現場の経験がある私が、兄弟や家族のように「愛」を持って諫言し、社長の立場を理解し、伴走していきます。社長の不足している部分をしっかりと補い、会社を守り成長させるために尽力します。

どうぞ、中小建設業支援センターを宜しくお願いいたします。